ユニタス日本語学校

 

 

コース一覧

コース名 対象者 必要在留資格 期間および入学時期
進学コース 語学学習および日本での進学を目的とする方 就学・その他 1年~2年(4月入学)
1年9ヶ月(7月入学)
1年6ヶ月(10月入学)
1年3ヶ月(1月入学)
一般コース 一般語学学習を目的とする方 就学・その他 6ヶ月~2年
(4月・7月・10月・1月入学)
短期コース 短期間学びたい方 短期滞在 1~3ヶ月(随時入学)
コース名 対象者(在日の方) 期間および入学時期
プライベート
セミプライベートレッスン
自由な時間帯で1:1か1:2で学びたい方 応相談 (随時入学)
夜間クラス(甲府校のみ) 昼間にご都合の悪い方
7名以上の場合のみ開講
1~6ヶ月(随時入学)
土曜クラス(甲府校のみ) 平日にご都合の悪い方
7名以上の場合のみ開講
1~3ヶ月(随時入学)
講師派遣授業 企業・学校 授業内容はご要望に応じる 応相談 (随時入学)

 

 

 

 

カリキュラム

ユニタスのカリキュラムは3ヶ月単位で作られています。
短期コースとして3ヶ月だけ学ぶこともできますし、1年以上じっくり学ぶこともできます。
レベルは初級・中級Ⅰ・中級Ⅱ・上級の4レベルで8段階に分かれています。
面接やレベルチェックテスト、ニーズ調査によってスタートするクラスを決定します。
はじめて日本語を勉強する場合、通常6ヶ月で初級が修了し基礎が完成します。
次の一年間中級Ⅰ・Ⅱで学ぶことで、読む・書く・話す・聞くの4技能がバランスよく身に付きます。
上級では日本の大学・会社で問題なく自己表現ができ、論文や書類作成ができるレベルまで日本語を完成させます。
初級クラス(初級Ⅰ 3ヶ月・初級Ⅱ3 ヶ月)
初級レベルではひらがな・カタカナから始めて、重要な基本文法を学びます。
このレベルの修了時には日常会話と漢字約660字を習得し、日本語能力試験N4に合格できるレベルに到達します。
日本語能力試験
中級クラス(中級Ⅰ 6ヶ月・中級Ⅱ 6ヶ月)
中級クラスでは、初級で学んだ知識を土台にして、より高いレベルの日本語力の習得を目指します。
このレベルの修了時には、漢字約1,000字を習得し、日本語能力試験N1もしくはN2に合格できるレベルに到達します。
上級クラス(6ヶ月)
このクラスでは、日本の大学で授業を受け単位をとることができるレベル、または日本の会社で実際に業務が可能となるレベルを目指します。
漢字は約2,000字を習得し、修了時には日本語能力試験N1に合格できるレベルに到達します。
補習クラス
授業の進度に遅れ気味な生徒に無料で補習を行っています。補習授業で遅れが取り戻せます。

 

 

 

 

受験対策

日本の大学・大学院・専門学校の入学試験では、外国人留学生のための特別選考試験が行われています。
各大学の受験科目はJAPAN STUDY SUPPORTで詳しく知ることができます。
多くの大学は以下の科目が必要です。
日本留学試験(日本語科目)・筆記試験・小論文(日本語)・英語・面接

また、国立大学や有名私立大学の場合、日本留学試験(EJU)の全科目と英語(TOEFLなど)の成績も必須です。
日本留学試験は、年二回実施されています。
文系大学希望者は日本語・数学コースⅠ・総合科目を、理系大学希望者は日本語・数学コースⅡ・理科(物理・化学・生物のうちの二科目)を受験しなければなりません。
日本留学試験対策授業
日本留学試験は毎年6月と11月に受験できます。ユニタスでは、試験日の2ヶ月前から(4月と10月)、通常授業の中で留学試験日本語対策授業を選択できます。
さらに東京校では、試験日の2週間前から、留学試験日本語対策集中講座を実施しています。
また両校とも総合科目・数学(コースⅠ)の対策授業を有料にて実施しています。
大学院受験対策授業
大学院を受験する場合は、日本語能力だけでなく、大学で勉強してきた事柄に関する知識が必要となります。
多くの大学院入試問題には、高度な専門科目に関する英文読解・和訳するのが一般的です。
英語の速読力と日本語での作文力の両方の力が必要です。
ユニタスでは、専攻と関連した内容の読解練習を行い、専攻分野のボキャブラリーや知識を日本語や英語で増やしながら対策を考えます。
ユニタスは、学生のさまざまな要求に応え、サポートしています。